先輩の声

宮坂朝子

工作課(入社:2016年6月)

Q. ハヤシテクノに入社した経緯を教えてください

以前新卒で入った会社で機械加工を経験していました。子育てがひと段落したこともあって、好きだった金型づくりの現場にもう一度戻りたいと思って2016年の春に入社しました。やっぱり金型づくりはすごく奥が深いし、自分の作ったものが世に出る達成感もあって面白いです。

Q. 実際に入社してからの印象はどうですか?

特殊素材でつくる金型を扱うのが初めての経験なので、さらに高い精度が必要になってきます。その部分では加工に気を遣っていますね。あとは若い子が多いので活気があるし、これからも伸びていくんじゃないかなという印象を持っています。

Q. 印象に残っている出来事は何ですか?

入ったばかりなので具体的に何かのエピソードがあるわけじゃないんです。ただ、それぞれが異なる機械のプロフェッショナルを目指して働いていて、みんなの技術を結集したものが最後に金型になる。その瞬間にはやっぱり達成感があるし、そのために必要なチームワークもいいと思います。

Q. この会社での将来的な目標はありますか?

今は新しい環境に慣れようとしている状況ですが、今後はもっと勉強して「設計をしてくれている部署の人たちが何を求めているのか」ということを自分で読み取れるようになって、その上で工夫して加工していきたいです。でもやっぱり最終的には、いい金型をつくってお客さまに満足してもらうことですね。

Q. 入社を目指す未来の同僚へメッセージをお願いします。

自分の意見なんですけど、金型づくりはすごく奥が深くて日々追求し続けることができる面白い仕事です。みんなのアイデアで一つのものを作れる魅力もあると思うので、ぜひ若い子たちにも後を継いでもらいたいですね。

宮坂朝子
宮坂朝子

先輩の声一覧へ戻る