先輩の声

清水亮

成形生産管理課 課長(入社:2004年11月)

Q. ハヤシテクノに入社した経緯を教えてください

工場見学をした時に自動化が進んでいるし、人数が少ないながらも技術力があるなという印象を率直に受けました。他業種などを3種類ほど経験した後で2004年に入社しました。

Q. 実際に入社してからの印象はどうですか?

入社当初は若かったので、新しいことに挑戦させてもらったけど壁に当たって辛い思いはしました。射出成形の自動化にチャレンジしたり、金型加工をどうにかしたいという部分だったんですけど…当時は知識がなくて力量不足でした。ただ、それを乗り越えた時の達成感というのはひとしおでしたね。

Q. 印象に残っている出来事は何ですか?

いろいろありますけど、中国の工場への技術支援に行ったときのことですかね。2回目は単独渡航したんですが、片言の中国語でバスのチケットを買って現地に行きました。しかも帰りの飛行機が台風で飛ばないという話になって…海外では日本だと考えられないアクシデントに出くわすこともありますし、いろんな意味で経験になりました。

Q. この会社での将来的な目標はありますか?

個人的なスキルの部分では、「金型知識の向上」というのを目標に掲げています。組織的な部分では10人ほどいる部下の一人ひとりが自分の頭で考えて行動できるような集団を作っていきたいなというのを目標にしています!

Q. 入社を目指す未来の同僚へメッセージをお願いします。

自分と同じ30代前半くらいの方が入って来てもらえると、技術的にも話し合えてさらにやりがいが増すのでうれしいですね。この業界に対して未経験であっても、向上心があれば新しいことに挑戦できる環境なので、それを存分に発揮してほしいです!

清水亮
清水亮

先輩の声一覧へ戻る